Home    Top    About us    Who is Xavier    Column    Contact

 

ザビエ・ベトコートより新年のご挨拶 2013


新年おめでとう!


21世紀、私たちが生きるこの時代は、まさしく私たちのイメージどおりに動き出しています。この時代にますます馴染んでいくことで、20世紀という前の時代は忘れ去られ、今や遠い過去のものとなりました。私たちは既に2013年を生きているのです!


20世紀の初め、1913年の時代を思ってみて下さい。人々は近代社会に生きるための明瞭でワクワクするようなアイディアを抱いており、科学に対する希望と信頼に満ちていたのではないかと、私は思うのです。しかしながら今世紀においては、全く違った状況となり、私たちはもう既に未来の中にいるという感覚で、近代化などという言葉にはもはや何の新しさも感じません。今は既に未来なのです。日々、偉大な発見や重要な技術革新が起きるので、それらに驚くようなことももはやありません。ただ、最先端のアイテムができるだけ多く出てくればいいと思うのみです。時代に取り残されようなどと思う者は誰もいないでしょう。


私たちの未来が必ずしも魅力的でなくても構わないと、もし本気で言うのなら、それはまさに反理想郷であり、暗黒世界が近づいたということで、そこには恐れと不安しかなく、それは2000年の後に来ると信じられていた理想郷の真逆の世界でしかありません。


それでも私たちは希望を失ってはなりません。不安があるということは決して悪いことではないのです。1913年の時点で人々はベル・エポックの良き時代を楽しんでいました。それは全くの幻影であって、やがて数年後には第一次世界大戦が始まり、そして続けて20世紀のあらゆる惨事が起きるのです。ある程度の不安があるからこそ、私たちは現実との繋がりを見出し、この人生のダークサイドを受入れられるということもありましょう。私たちのやるべきことは、気づきと精神の進化、周りの人々への理解を深めるために、取り組みを続けるということです。未来に生きることをやめ、私たちは今この時に立ち返らねばなりません。影も光も含め、本当の私自身が何者であるのかを創造的に表現していくために、先端の技術や道具を駆使してそれを行うということを意味しています。


2013年は挑戦の連続の年となることでしょう。最先端の道具を用いた私たちのスキルと、個の発展とを結び付ける時が来ています。日本は世界中の他のどの国よりも、このタスクを行なうのに完璧な準備が整っているのです。やがて歴史がそれを証明することでしょう。


神秘に満ちた2013年。今年もよい年となりますように。日本の親愛なる友人のみなさんへ。


ザビエ・ベトコート


───────────────────────────────────────────────────


HAPPY NEW YEAR!


The XXI century has totally installed itself in our image of the epoch we are living; by this l mean that we have grown accustomed to being part of it, the last century is left behind, it looks now very far in the distance. We are already in 2013!


My impression is that in the early XX century, let us think of 1913, people had a clear and exciting idea of living in a modern world, they were all full of hope and faith in science. But this century has a very different taste, the sensation is that we are already in the future; the word ‘modernity’ means nothing new for us; now is actually the future; great discoveries and important technological improvements happen every day, we are hardly surprised about that, we only want to acquire as many futuristic items as possible, nobody wants to be left behind. 


If we think of it seriously, this future we are living in is not necessarily very charming, it is very close to a dystopia, there is fear and anxiety, the opposite of the utopia we all expected after the year 2000. 


Although we must not lose hope, anxiety is not such a bad thing. In 1913, people were enjoying the Belle Epoque, full of illusions, but then, the following year, the First World War started, and all the horrors of the XX century followed it. This is why I think that a certain dose of anxiety can keep us well connected with reality, helping us to accept the dark side of life; our task is to work for awareness, spiritual development and understanding of people around us; instead of living in the future, we have to come back to the present, and this means using the technology and gadgets of the future to express creatively what we really are, shadow and light.


The Year 2013 is going to be full of challenges; it is the moment when we can combine our skills with our futuristic tools and personal development. Japan is perfectly well prepared for this task, more than any other country in the world; it has been proved throughout its whole history.


I want to convey my best wishes to all my dear friends in Japan for this year, the mysterious 2013.


Xavier Betancourt



ページのtopへ戻るcolumn_vol1.htmlshapeimage_1_link_0