Home    Top    About us    Who is Xavier    Column    Contact

 

ザビエ・ベトコートより新年のご挨拶      


独裁者が権力を乱用するのを見る時、私がいつも思い出すラテン語の有名な成句があります。 SIC TRANSIT GLORIA MUNDI 「かくの如く世界の栄光は過ぎ去りぬ」です。独裁君主とて遅かれ早かれいつしか塵となりゆくのだという考えが、私にとってはある種の慰めになっています。人生における全てのものは儚く、名声や権力など単なる虚栄に過ぎず、物質レベルでは全てのものはいつしか無に帰すのです。


今や夜明けが来て、人々はこのことに気づきました。つまり、私たちを人間たらしめるのは、人間はそもそも儚い存在なんだという気づきである、と人々は知ったのです。けれど、決して消えることのないこの儚さは、絶え間ない変容の結果であり、この世が常に新しくあるための必然的プロセスなのです。一時代の終わりは新しい時代を告げ知らせます。人類は、空が、私たちに死と再生の時を告げる地図であることを見つけました。人は宇宙の再生のプロセスに関わらねばならないことを理解したのです。冬至であれ、春分であれ、その他天文学上の点であれ、人は常に宇宙のリズムと自らを同調させてきました。新年を祝う儀式のない伝統文化を私は思い浮かべることができません。善き人はいつも、来るべきよりよい時代のために祈りを捧げています。


昨年の日本は辛く本当に痛みの年でした。しかし日本の人々の勇気と現実に向き合う姿勢が全世界の模範となりました。私は決して陽の沈まぬ国、日本に多くの友だちを持っていることを誇りに思います。命にいつか終わりが来るという考えは、人々の心に新しく刻まれたことでしょう。新年を迎える前夜を祝う理由がここにあります。私たちを残して逝きし人たちのために祈り、そしてここにいることを許されたことを感謝し、歓ばねばなりません。数多くの変容の時を迎え、ここに生きるということは、他者に対して、あるいは私たちと共にある、様々な種の命に対して、責任を負うということだと思うのです。


日本にいる全ての友人たちに、心から新年のお祝いをお伝えいたします。さぁ、いっぱいのワインとご馳走を楽しんで戴くことにいたしましょう!


ザビエ・ベトコート



───────────────────────────────────────────────────


FOR A HAPPY NEW YEAR


          There is a famous phrase in ancient Latin that comes to my mind whenever I see a powerful tyrant abusing power: SIC TRANSIT GLORIA MUNDI (thus passes the glory of this world); for me, the thought that sooner or later that despot will be only dust is a kind of consolation. In this life all things are transient, so fame and power are mere vanity; at the material level, everything comes to nothing.

          Since the dawn of time men knew this, of course; it could be said that what makes us human is precisely this awareness of being ephemeral. This constant fleeting is, however, a result of endless transformation, a necessary process to keep the world always young. The end of a cycle announces the new one. Mankind discovered that the sky was a map of time telling us about death and rebirth; thus, men understood that they had to participate in the renewal of the cosmos. Whether it is around the winter solstice, the spring equinox or any other astronomical point of reference man has always synchronized himself with the rhythm of the universe; I cannot imagine a traditional culture without rites of celebration of a new year; a good person is always hoping for a better era.

          Japan has had a tough and a most painful year, but the courage and commitment of its people has set an example to the whole world. I feel proud of having so many friends in the country of the never setting sun. The notion of the evanescence of life is fresh in everybody’s mind. This is why we have to celebrate this New Year Eve’s, there are good reasons for this; we have to pray for those who left us, but we have to rejoice for being allowed to be here; in these times of so many massive transformations, being alive makes us more responsible for other people and for any other form of life around us.

          I want to express my best wishes for an authentically Happy New Year to all my friends in Japan. So let us enjoy lots of wine and delicious food!


Xavier Betancourt



ページのtopへ戻るcolumn_vol1.htmlshapeimage_1_link_0